老舗店舗が多い日本橋でバイトは、接遇マナーが大事

東京都中央区は23区のほぼ中央にあり、その面積は台東区に次いで2番目に小さいといわれています。また、日本橋は東京都中央区に位置している日本橋川に架かる橋とその周辺を指します。ちなみに、「三井越後屋呉服店(三越)」や「大丸」百貨店などの老舗の数々は、江戸時代の日本橋で創業しました。人口は東京都内の中では少ない方ですが、日本橋・銀座を中心とした大規模なオフィス街が形成されており、昼間の人口は60万人を超えます。
そんな中央区でのバイトをするなら、やはり歴史ある老舗でやってみたいと思いませんか?しかし、老舗でバイトというと、敷居が高そうな感じもしますね。ですが業務的な事に慣れるのが大変なのはどこでも同じです。きちんとしたマナーと、お客様への細かい気配りや心遣いさえあれば、どんなお店であっても難しく考える必要はないと思います。働いてみたい求人があれば、挑戦してみると良いでしょう。
しかし、有名老舗店ともなれば年配のお客様が多いでしょうから、接遇マナーはしっかりしておいた方がいいでしょう。もし、接客マナーに自信がないという人は、様々な事業所が行っている接客マナーの研修に参加してみるのも良いでしょう。お客様にとって心地よく親しみのある会話、敬語や電話対応、基本的なクレーム対応など、接遇スキルだけでなく社会人として大切な事、心構えなどを学ぶ事が出来ます。
また、日本橋くらいになれば有名な観光地ですから、外国人のお客様も多くなってきます。ここで大事になるのが英語での接客。確かに英語力を上げるのはスキルアップにも繋がりますし、より世界も広がるでしょう。だからといって流暢な英語を話すのはなかなか難しいもの。それに懲りすぎて普段出来ている仕事がおろそかになっていてはダメですよね。特に日本での接客・サービスは、細かいところまで気を配ってくれるという店が、外国人の方にとても評価が良いそうですから、気をつけたいものです。多少拙い片言の英語でも、簡単なジェスチャーと組み合わせ、心のこもった接客をすればおもてなしの心は通じるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です